DVD「仕事の要点」
DVD「人生の要点」

TAO-CLUB NEWS

タオ・クラブニュース
2017年3月31日発売!『人生に迷ったら『老子』』

人生に迷ったら『老子』

絶賛販売中!

■人生に迷ったら『老子』

■著者:田口佳史

■価格:1,512円(税込)

■発行日:2017年3月31日

■致知出版社

老荘思想の実践方法を記した本が待望の書籍化!

人生に迷ったら『老子』

先に出版した「ビジネスリーダーのための 老子『道徳経』講義」を老荘の学、

つまり老荘思想を理論、理屈として学ぶ為の本とすれば、その実践の方法を記した老荘道の本が必要でした。
この老荘学と老荘道の二冊が揃って、初めて真の老荘思想が成り立つのです。
老荘思想も中国古典の一つであり、東洋思想ですから、

禅などと同様に、何しろ実践して初めて意味を持つものなのです。
「ビジネスリーダーのための老子『道徳経』講義」と、今回この「人生に迷ったら『老子』」が出版され、
ここに理論と実践の二つの本が揃うこととなります。

● amazonにて受付中!

amazonにてご購入の受付を承っております。下記URLをクリックしてご覧いただけます。

https://www.amazon.co.jp/dp/4800911400/

 

● ホームページからもご購入お申込みを承っております

ご購入お申込みを承っております。ご希望の方は【お問い合わせフォーム】または下記メールアドレスに必要事項(お名前、送付先住所、電話番号、部数)を明記の上、お申込み下さい。

E-mail:tao@image-plan.net

■必要事項/お名前、送付先住所、電話番号、部数

Contents

1 全てはあれから始まった

・「道」との出会い
・「道」の説く死とは
・真の「道」との対話
・絶対的孤独の中で
・日本に帰りたい
・心境を一変させる
・もっと辛い日々が
・更に追い込まれる
・中学時代の大挫折

2 30代での「道」との交流

・「道」との本格的な出会い
・中国古典を学ぶ
・「道」が後を押してくれる
・自己改善をする
・「道」との付き合いも深まる
・生き残ったプレッシャー
30代で私を励ましてくれた「老子」の言葉

3 40代での「道」との交流

・「道」の示した拡大策
・旨く行き過ぎた苦労
・全ての弱点が出る
・自然との融合
・中国古典講座を始める
・50才目前の大変革
40代で私を励ましてくれた「老子」の言葉

4 50代での「道」との交流

・「天命」を知るとは何か
・外国の空気
・底の浅さを痛感
・人生の指針
・再訓練の必要性
・「道」の真髄に出会う
50代で私を励ましてくれた「老子」の言葉

5 60代での「道」との交流

・全く新しい人脈が広がる
・学校エリートとの再会
・自分の教室が出来る
・初心忘るべからず
60代で私を励ましてくれた「老子」の言葉

6 「道」との同行

・私の人生
・「道」の本質
・「道」との対話
70代私を励ましてくれている「老子」の言葉

【詳しいお問い合わせ】

タオ・クラブ事務局 長谷川・秋元
TEL. 03-5494-5320 FAX. 03-3417-5750

NEWS TOPICS

タオ・クラブ ニュースTOPICS

2017年3月31日発売!『人生に迷ったら『老子』』

2017.4.3

先に出版した「ビジネスリーダーのための老子『道徳経』講義」と、今回この「人生に迷ったら『老子』」が出版され、ここに理論と実践の二つの本が揃いました。

タオ・クラブから販売開始!『DVD-BOX 親子で学ぶ人間の基本』

2017.1.31

中国古典思想「四書五経」の説く人間としての基本を、お子様と親御様の心に自然にはいっていくように分かり易く解説した家庭教育指導DVDです。

幹部社員の器量を拡げるための研修 『人間の器量とは何か』特別研修会

2017.1.30

多くの経営者の悩みのひとつに「幹部社員の器量がいかにも小さい」という問題があります。ではどうすれば良いか。選りすぐりのその道の大家、碩学の話す「人物論や人間論」をしっかりと学び、そこに…

2017年1月28日発売!『ビジネスリーダーのための老子「道徳経」講義』

2017.1.16

2000社の経営幹部が心酔するカリスマ講師の人気講義が待望の書籍化!

田口佳史のこれだけは言っておきたい『仕事の要点』Part1・Part2がついに発売!

2016.9.16

永久保存版DVD!田口佳史自らの人生経験から、仕事と自分の関係、仕事と人生の関係を理解したうえで日々の仕事に取り組む重要性を説いています。
タオ・クラブ トップページへ

登録無料!PCの方は下のボタンから、携帯電話の方は

QRコードから「空メール」を送信してご登録ください

タオ・クラブ・メールマガジン
このページのトップへ